産後の抜け毛は誰でも起こる?その割合は

産後の抜け毛がひどい人とそうでない人の違い

 

産後

 

産後は、妊娠・出産を経験したことでホルモンバランスが乱れがちです。
妊娠中は女性ホルモンが通常よりも多く分泌されますが、出産を終えるとすぐに元の分泌量に戻ってしまいます。

 

急激に女性ホルモンの分泌量が変化することで、ホルモンバランスが乱れて産後に髪の毛が抜け落ちてしまうことがあるのです。

 

出産を経験したほとんどの女性が、産後に抜け毛を発症すると言われています。
ですが、産後の抜け毛は時間の経過とともに症状が落ち着くことが多く、薄毛の症状にまでつながってしまうことはあまりありません。

 

時間が経つにつれてホルモンバランスが正常な状態に戻っていき、それに伴って抜け毛の症状も治まっていくのだと考えられます。
しかし、中には抜け毛の量が多かったり、時間が経ってもなかなか症状が治まらない人がいます。
そのような人は、ホルモンバランスの乱れ以外のことが原因で抜け毛がひどくなってしまっているのかもしれません。

 

産後は赤ちゃんが中心の生活になっていくので、どうしてもストレスが溜まってしまうことがあります。
自分がきちんとしなければいけないと思えば思うほど、周りの人に頼れずストレスになってしまうでしょう。
ストレスが原因で、抜け毛がひどくなってしまうことがあります。

 

 

どれくらいの人が産後に抜け毛が増えるのか

 

出産を終えると、抜け毛が増えてしまう人が多いです。
現在出産を控えている人は、どれくらいの人が産後に抜け毛が増えてしまうのか気になりますよね。

 

産後の抜け毛は、ほとんどの女性が発症すると考えておいたほうが良いでしょう。
抜け落ちてしまう毛の本数は人によって違いますが、例えほんの少しであっても抜け毛を発症する可能性はとても高いです。

 

産後に抜け毛が増える人はとても多いですが、ほとんどの場合には時間の経過とともに症状が落ち着いていきます。
抜け毛の原因は、妊娠・出産の際に急激に増減する女性ホルモンの分泌量です。

 

女性ホルモンの分泌量が増減することで、ホルモンバランスが正常な状態ではなくなってしまいます。
ホルモンバランスが乱れることで抜け毛が増えてしまいますが、時間が経つにつれてホルモンバランスが整うことで、抜け毛が治まっていきます。

 

しかし、人によっては出産後の育児がストレスになってしまい、抜け毛の症状が悪化してしまうことがあります。
ストレスが原因で抜け毛の症状が悪化してしまうと、ホルモンバランスが整ってきても髪の毛が抜け落ち、薄毛が進行していくことが考えられます。
出産がきっかけで薄毛になってしまわないように、ストレスを溜め込まずに育児を続けていく方法を考えていきましょう。

 

 

普通の抜け毛との違い

 

産後の抜け毛は、普通の抜け毛とはメカニズムが違います。
普通の抜け毛は進行型の症状であるため、放置していて改善されることがありません。
髪の毛がどんどん抜け落ちて薄毛が進行してしまうため、抜け毛が増えてきていると感じたら早めに対処していく必要があります。

 

しかし、産後の抜け毛は放っておいても自然に改善されることが多いです。
妊娠中は女性ホルモンの分泌量が多くなり、出産を終えると急に元の分泌量に戻ります。
女性ホルモンの分泌量が急激に増減することで、ホルモンバランスが乱れて抜け毛が増えてしまうのです。

 

抜け毛が増えてしまう原因はホルモンバランスなので、ホルモンバランスが整うにつれて症状が改善されることが多いです。
普通の抜け毛は進行する一方ですが、産後の抜け毛は放っておいても改善される可能性が高いです。

 

しかし、稀に出産がきっかけで酷い抜け毛の症状が出てしまうことがあります。
抜け毛の症状が出るきっかけはホルモンバランスの乱れだったかもしれませんが、その後の育児がストレスになってしまい、そのまま症状が進行してしまうことがあります。
普通の抜け毛とは違うからといって油断せずに、頭皮に優しいシャンプーを使うなど、最低限の抜け毛ケアは行ったほうが良いかもしれません。

 

マイナチュレは公式サイトがお得!