毎日の食事は髪の健康に影響する?

ワカメを食べると髪が生えるのは本当?

 

ワカメ

 

ワカメを食べると髪の毛が生えると言われていますが、それは本当なのでしょうか?
髪の毛を増やしたいと考えて、毎日の食事にワカメを積極的に取り入れている人もいるでしょう。
では、なぜワカメが髪の毛に良いと言われるようになったのでしょうか。

 

ワカメにはさまざまな栄養成分が含まれていますが、特に注目したいのは海のミネラルと言われる「ヨウ素」です。
ヨウ素には、細胞を活性化させて代謝をアップさせたり、タンパク質の合成を促進する働きがあります。

 

ワカメに入っている成分が直接髪の毛に効果を発揮するわけではありませんが、ヨウ素の働きで代謝が上がることで、髪の毛を育てるために必要な栄養が効率的に頭皮に行き渡るようになります。
栄養が頭皮全体にきちんと行き渡れば、頭皮環境が改善され、健康的な髪の毛が育ちやすくなります。
ヨウ素の他にも、ワカメにはさまざまな栄養成分が含まれているため、健康に良いことはもちろん髪の毛にも高い効果をもたらすと言われているのかもしれません

 

髪の毛に良い影響をもたらすヨウ素やフコダインは、ワカメ以外の海藻にも含まれている成分です。
ワカメばかりを食べていて飽きてしまったときには、他の海藻を料理に取り入れてみても良いでしょう。

 

 

髪の成長に欠かせない成分

 

健康的な髪の毛を育てていくためには、いくつか欠かせない成分があります。
頭皮環境を良い状態に保って髪の毛を増やしていくために、バランスよく栄養をとれる食事を意識していきましょう。

 

髪の毛の成長に欠かせない成分のひとつが、「ケラチン」というタンパク質です。
ワカメに含まれているヨウ素やフコダインも髪の毛に良いと言われている成分ですが、髪の毛をつくっている成分を積極的に摂取していかなければ髪の毛を増やせません。

 

髪の毛をつくる成分であるケラチンは、18種類のアミノ酸から合成されるタンパク質です。
ケラチンは髪の毛の90パーセントを構成していると言われているので、ケラチンが効率的に合成されるように、18種類のアミノ酸を上手に摂取していきましょう。
ケラチンを合成する18種類のアミノ酸は、食事から摂取できます。
肉や魚・豆類・野菜などのさまざまな食品に含まれている成分からアミノ酸が作られるので、毎日栄養バランスがとれた食事をとるように心掛けていきましょう。

 

食事でタンパク質やアミノ酸を摂取していくことが難しい場合には、サプリメントで摂取してみても良いでしょう。
サプリメントなら、不足しがちな栄養を手軽に補っていけます。

 

 

手軽に取り入れられるメニュー

 

ケラチンを合成するために必要なアミノ酸は、肉や魚・豆類・野菜などをバランスよく食べていくことで効率よく摂取できます。
ですが、ケラチンを合成するためには、アミノ酸だけでなく亜鉛も必要になってきます。

 

栄養バランスが良い食事を心掛けながら、亜鉛も摂取していける食品を取り入れていきましょう。

 

亜鉛が多く含まれている食品は、生ガキ・チーズ・煮干し・レバー・うなぎなどです。
生ガキやうなぎは毎日の食事に取り入れることが難しいかもしれませんが、チーズ・煮干し・レバーなどの食品なら少しずつ取り入れていけるのではないでしょうか。

 

特にチーズは、肉・魚・野菜などのどのような食品と合わせても美味しく食べられます。
野菜にチーズを混ぜたサラダを作ってみても良いですし、肉・野菜・チーズを効率よく取り入れたグラタンやドリアも良いかもしれません。

 

また、煮干しなら和食にも取り入れやすいです。
煮干しはそのまま食べても良いですが、ラーメンやそばを作るときのダシとして使用しても良いでしょう。

 

普段よりも凝ったラーメンやそばを作れる楽しみがありますし、健康に良い栄養成分も摂取できます。
生ガキやうなぎのような毎日の食事に取り入れにくい食品は、機会があるときに定期的に食べるようにするか、サプリメントで摂取しても良いでしょう。

 

マイナチュレは公式サイトがお得!