女性の薄毛にはコラーゲンが関係している

コラーゲン不足が女性の薄毛の原因

 

女性が薄毛になってしまう原因は様々なことが言われてきましたが、最近発表された研究結果によるとコラーゲン不足が女性の薄毛の原因になっていることが発表されました。

 

この研究結果は2016年に東京医科歯科大学の西村栄美教授らによるものです。

 

髪の毛を生やす毛皮という器官があり、その毛皮が働かないことで脱毛や薄毛になりやすいことは分かっていました。

 

しかし、研究により毛皮の基となる幹細胞が古くなると毛皮が育ちにくくなることを発見し、そこに着目し始めました。

 

そこからマウスを使った実験を始めたところ老化で幹細胞のDNAに傷が残り、それによって17型コラーゲンを分解する酵素が多く出るようになりました。

 

そして、17型コラーゲンが減少することによって毛皮が小さくなってしまうことに辿り着いたのです。

 

分かりやすく言えば毛皮幹細胞はコラーゲンの一種で保護されていますので、コラーゲン不足が起きてしまうと毛皮幹細胞は皮膚の表面へと追い出されてしまい、毛穴が少しずつ小さくなって最終的に毛穴すら無くなってしまい薄毛になるということです。

 

このような研究結果から分かることは、毛皮幹細胞がうまく働いているうちは薄毛になりにくいということなので、コラーゲン不足にならないように気を付けておくのが重要なのです。

 

 

女性の美容とコラーゲン

 

ドリンク

 

女性は美しくなったり美しさを保つために美容に心がけています。

 

その女性の美容に欠かせないのがコラーゲンです。

 

誰もが聞いたことがあるコラーゲンですが、このコラーゲンはタンパク質の一種であり、20代になると少しずつ減ってしまうとされています。

 

ストレスや紫外線などの様々な原因によって減ってしまい、コラーゲン不足になってしまう女性はたくさんいます。

 

コラーゲン不足になると肌の老化を早めてしまいますし、薄毛にもなりやすくなりますので20代を超えた女性は積極的にコラーゲンを摂取したほうが良いのです。

 

また、コラーゲンは体内で生成しようとするとリシンやプロリンといったアミノ酸が必要となりますし、ヒドロキシプロリンやヒドロキシリシンという成分も必要になります。

 

これらを合成してコラーゲンを生成することができますが、さらにビタミンCがあると効率よく生成できて吸収率も高くなりますので、コラーゲンを摂取するときはビタミンCも一緒に摂取したほうが良いでしょう。

 

コラーゲンが減少するとフェイスラインにタルミができてしまいますし艶や弾力なども失われてしまいますので、コラーゲンの破壊を防いだり生成を促すようにしなければいけません。

 

 

どのように補う?

 

サプリ

 

コラーゲンを補うには様々な方法がありますが、その中でも効率よく補えるのがマイナチュレというサプリを服用することです。

 

このマイナチュレには抜け毛予防効果が期待できるコラーゲンも含まれているオールインワンサプリです。

 

また、コラーゲンは皮膚や臓器などのあらゆる組織に依存するタンパク質の一種で、体を構成している全てのタンパク質の約30%を占めていますし、肌の土台である真皮の約70%を占めています。

 

これだけ多くを占めているコラーゲンが不足してしまうと抜け毛だけではなく肌の老化などの深刻な悩みに発展しまうこともありますので、マイナチュレを服用して積極的にコラーゲンも摂取したほうが良いでしょう。

 

それと、コラーゲンを摂取する方法はサプリだけではありません。

 

食事で摂取する方法もあります。

 

コラーゲンを豊富に含んでいるのは、うなぎの蒲焼や牛すじ、はも皮や鶏砂肝などが代表的な食べ物です。

 

これだけでは1日に必要な5g以上のコラーゲンを補うことが難しいため、マイナチュレのようなオールインワンサプリを併用するのが良いでしょう。

 

マイナチュレは公式サイトがお得!