女性の薄毛はエストロゲンに注目

女性の薄毛の主な原因はエストロゲンの減少

女性は男性と違うから薄毛にはならないと思っている方も少なくはないでしょう。

 

ですが女性だって薄毛になってしまう場合があるのです。

 

女性が薄毛になってしまう主な原因はエストロゲンの減少です。

 

エストロゲンの減少はどの年代でもホルモンバランスの乱れによって起こるものですし、妊娠中の他に更年期にも起こります。

 

このエストロゲンの減少でなぜ薄毛になってしまうのでしょうか。
それはエストロゲンが発毛を助け成長期を長持ちさせる働きを持っており、減少することでその働きが薄れてしまうからなのです。
発毛も助けてもらえない上に、成長期が持続できなければどんどん髪の毛は抜けていってしまいさらに生えにくくなってしまうのです。

 

このようにして薄毛がどんどん進行してしまうのです。

 

特に更年期にはエストロゲンが急激に少なくなってしまうため、いきなり抜け毛が増えたり分け目が目立ってしまったりするでしょう。

 

また過激なダイエットでもエストロゲンが急激に減少する場合もあります。

 

この場合若くても薄毛になってしまう場合があるので気をつけなければなりません。

 

このように女性の薄毛は主にエストロゲンの減少が原因という場合が多くあります。

 

薄毛に気が付いたらエストロゲンの減少を疑い、その原因に合わせた対策をとりましょう。

 

 

エストロゲンとは?

 

女性ホルモンといえばよく耳にするのがエストロゲンですが、エストロゲンとは具体的にどのようなホルモンなのでしょうか。

 

まずエストロゲンとは女性ホルモンの一つで、主に卵巣から分泌されています。

 

そして妊娠するために卵胞の成長を促進させ生理を起こさせたり、胸の発育や体の丸みを出し女性らしい体を作る働きがあります。

 

また受精卵が子宮内に着床できるように徐々に内膜を厚くし始める働きもあります。

 

他にも自律神経を整えたり感情をコントロールする働きもあります。

 

そして肌をツヤツヤ保ち髪の発毛を助ける働きもありますし、最近では心臓保護の役割もあると言われているのです。

 

このようにエストロゲンは基本的な女性としての体の働きと体を健康的に維持する働きの両方を持っているのです。

 

このエストロゲンが減少することで、女性は体に様々な不調を感じることとなるのです。

 

女性ホルモンとは言われていますが、健康維持のためのホルモンでもあるということも知っておくと良いでしょう。

 

エストロゲンはちょっとしたことでも分泌バランスが乱れてしまうので、バランスを保つためにも食生活や生活習慣を整えることも大切ですし、更年期には補充などの対策も必要となるので、気をつけられるようにしておきましょう。

 

 

エストロゲンを食べ物で補う

 

 

エストロゲンは女性の体にはもちろん髪にも重要な役割を持っているホルモンですが、分泌が少なくなってしまう場合があります。

 

ダイエットや更年期によってエストロゲンが減少すると様々な不調をきたす可能性もあるのです。

 

ただエストロゲンが減少してしまったからといって、ホルモン補充療法をするというのは抵抗がある方もいるでしょう。

 

その時には食べ物から補うこともできるので、食事で補充しましょう。

 

まずエストロゲンを含む食材はありませんが、エストロゲンと似たような働きを持つ食材があります。

 

それが大豆食品です。

 

大豆食品には大豆イソフラボンという栄養素が含まれているのですが、この大豆イソフラボンはエストロゲンと似たような働きを持つことがわかっています

 

なので、豆乳や納豆・豆腐・きな粉などの大豆食品を積極的に取り入れると、エストロゲンと同じ働きを体の中でしてくれるので不調も改善されていくのです

 

また含有量はそれぞれの食品によって違いがあるので、注意しなければなりません。

 

ただ大豆イソフラボンの摂取量は一日75mgとされており、摂取量を超えると健康に影響が出る場合もあるので守るようにしましょう。

 

そして毎日摂取を続けることで効果も期待ができるので、続けられるようにしましょう。

 

 

減少しやすい生活や食生活

 

エストロゲンはちょっとしたことでも減少してしまうホルモンです。

 

日頃から注意が必要なのですが、ではエストロゲンが減少してしまう生活はどのようなものでしょうか。

 

まず体を冷やした状態が続いている場合にエストロゲンの分泌が減少してしまいます。

 

エストロゲンは体が冷えると血行が悪くなり卵巣の機能が低下、分泌が促されません。

 

また睡眠不足も減少の原因となり、睡眠不足が続くと体の機能が低下し、卵巣からの分泌も促されません。

 

他にもストレスを慢性的に感じていると自律神経が乱れ卵胞を刺激するホルモンも減少してしまうのです。

 

そのため卵巣からの分泌量が減りエストロゲンが減少してしまうのです。

 

また食生活についてですが、食生活が乱れるというのは栄養のバランスが偏っていたり、油分や塩分の多い食事や甘いもの中心の食生活、食べ過ぎや食べなさ過ぎることです。

 

これらの食生活を続けていると体の代謝が低下し栄養素を身体中に行き渡らせることができず、分泌を促すための働きが滞ってしまいます。

 

また栄養不足からエストロゲンを作り出すための栄養素が足りず作り出すことができなくなるので、エストロゲンも減少してしまうのです。

 

食生活・生活習慣ともに注意しながらエストロゲンを意識して生活するようにしましょう。

 

 

増やすことはできる?

 

エストロゲンの分泌が減少するのは食生活や生活習慣から影響されるということですが、逆に減少から増加させることはできるのでしょうか。

 

エストロゲンの分泌量を増やすためには、まず減少してしまっている原因の改善から行うことが大切です。

 

体が冷えていれば、体を温めるよう意識して血行をよくし分泌が促されるようにしましょう。

 

そして質の良い睡眠をとり軽い運動を取り入れ代謝を高めていきましょう。

 

またストレスを抱えている場合には、できるだけ解消できるように心がけていきましょう。

 

食生活が乱れている場合には栄養バランスの整った食事ができるように見直すことも重要です。

 

血行が良くなり代謝が高まることで卵巣の働きも高くなりますし、栄養バランスの偏りが減ることで卵巣へも栄養が行き渡りエストロゲンがつくられるようになります。

 

このように分泌を促すためには食生活や生活習慣の見直しが重要です。

 

ですが増やすためにはもう一つ取り入れてみると良いものがあります。

 

それが大豆食品で、大豆に含まれる大豆イソフラボンの働きがエストロゲンに似ていることから摂取が進められている食品でもあります。

 

これらのことを試しても思うように分泌が進んでいないように感じたら、大豆食品を取り入れてみると良いでしょう。

 

マイナチュレは公式サイトがお得!