男性と女性の薄毛は何が違う?

男性の薄毛と女性の薄毛は何が違う?

 

男性の薄毛と女性の薄毛の違いは、男性の場合は主に男性ホルモンの増加が原因となり、女性の場合は女性ホルモンの減少が原因となる違いがあります。

 

男女

 

また、男性の薄毛の多くはAGA(男性型脱毛症)で、男性ホルモンの一つであるジヒロドテストステロンが増加することによって起きてしまいます。

 

女性の薄毛は出産や更年期障害、老化などのホルモンバランスの乱れなどによって起こってしまい、男性ホルモンが女性ホルモンよりも優位になってしまうことが原因となります。

 

女性は無理なダイエットによる栄養不足やストレス、パーマやヘアカラーによる頭皮へのダメージ、それにドライヤーによる頭皮の乾燥なども原因になることがあります。

 

見た目の違いとしては、男性は一カ所が集中的に薄くなるのに対し、女性は髪が細くなってコシやハリがなくなったり分け目やつむじが薄くなって地肌が透けてきます。

 

髪全体のボリュームがなくなってペチャンコの髪になってしまうこともあります。

 

また、男性は遺伝的要因が大きく影響してきますが、女性はほとんど影響されないという違いがあります。

 

男性の薄毛は抜け落ちてしまうと新たに髪が生えにくくなっていますが、女性の薄毛で抜けた髪は男性よりも生えやすくなるとされています。

 

 

女性の薄毛メカニズムの研究が遅れた理由

 

研究

 

女性の薄毛メカニズムの研究は行われていますが、その研究が遅れたのには理由があります。

 

それは、男性の薄毛治療の研究ばかりが行われていたからと言われています。

 

男性用に開発された治療薬を元に女性の薄毛メカニズムが研究され、さらに解析して開発されたので遅れたのでしょう。

 

女性の薄毛は男性のAGAとは違って様々なタイプがあります。
びまん性脱毛症、牽引性脱毛症、女子男性型脱毛症、分娩後脱毛症、ひこう性脱毛症、脂漏性脱毛症、円形脱毛症などがあり、こうした脱毛症に対応するのに研究が遅れたともされています。

 

 

今までの薄毛の隠し方、ケア方法

 

女性が薄毛になると恥ずかしいので隠す人が多くいます。

 

隠し方は人によって違いますが、多くの人はウィッグで隠す方法を選んでいます。

 

帽子で隠すと室内では違和感がありますし、屋外でも風などで帽子が飛んでしまうこともありますので危険です。

 

しかし、ウィッグなら室内でも違和感がありませんし風で飛んでいくようなこともありません。

 

また、最近のウィッグはすごく進化していますのでカラーやパーマをかけることができますし簡単に取り外すことができますので便利なアイテムと言えます。

 

とは言っても、ウィッグで隠しているだけでは根本的に薄毛を解決することができません。

 

毎日のケアで少しは改善されることもありますのでケア方法を実践してみると良いでしょう。
そのケア方法とは育毛サプリを服用しながらシャンプーや育毛剤などを併用することです。

 

育毛サプリは様々なものが販売されていますが、その中でもマイナチュレという育毛サプリが人気を集めています。

 

このマイナチュレを服用しながら頭皮のケアを毎日しっかり行えば薄毛を改善しやすくなります。

 

シャンプー後には頭皮の保湿やマッサージなどを行うと良いですし、紫外線をあまり浴びないように心がけるのも大切です。

 

ウィッグを使用しないときの隠し方は髪の毛の長さを短くすることも良い方法です。

 

髪を短くすることで髪1本1本が根元から立ち上げやすくなり、ボリュームがあるヘアスタイルを演出することができます。

 

逆に髪が長いとトップのボリュームが減って分け目が目立ってしまいますし、頭頂部が薄いと更に目立ってしまうこともあります。

 

ですので、あえてショートカットにして薄毛を隠すのも良いのではないでしょうか。

 

マイナチュレは公式サイトがお得!